ライフハック

家で簡単にできる物撮りのコツを紹介!基本からiPhoneで加工まで

投稿日:

どうやったら物撮りでいい感じの写真が撮れるのでしょうか。

この記事ではこういった疑問を解決できるようにまとめました。
それでは、どうぞ。

ライティングのテクニック

ここで言うライティングとは被写体に対する照明のことを指します。
写真を撮るうえで、照明は最も重要な要素と言っていいでしょう。

例えば、暗い場所で撮ると写真はノイズが多くなり、
逆に明るい場所で撮れば、はっきりと映ることができます。

例として任天堂スイッチで人気のイカちゃんの写真で暗い時と明るい時で見比べてみましょう。

左が明るい時 右が暗い時

暗い場所での撮影では対象が全体的に暗くなっていることがわかりますが、
ここで理解しておきたいことは暗い場所ではノイズがのってしまうです。

それぞれの写真を拡大して見てみましょう。

左が明るい時 右が暗い時

どうでしょうか、暗い場所ではなんとなくザラついていることがわかったでしょうか。
フルサイズの画素センサーを使っているカメラであれば暗い場所でもノイズが少ない写真が撮れます。しかし、そうでない場合でもノイズの少ないきれいな写真を撮ることは可能です。

ではどのようにすればノイズの少ない写真を撮るということができるのでしょうか。
それは、被写体を明るくした状態で写真をとることでノイズの少ない写真が撮れます。
それではライティングのテクニックについてご紹介しましょう。

光の硬さのコントロール

被写体を明るく照らすことは大切ですが、具体的にはどのように照らせばよいのでしょうか。

光には「硬い」とか、「やわらかい」という表現があります。

「硬い」光は一般的に物撮りに向いているとは言われません。というのも、「硬い」光を使った場合影がくっきりと出てしまうからと言われています。
硬い光を使ってはいけないかというとそうではなくて、影をうまく使いこなせればめちゃくちゃいい感じの写真を撮ることも可能です。ただし、レフ板や照明など機材が充実した環境でなければ撮影は難しいでしょう。

プロの現場ではディフューザーといった、光を柔らかくするための設備があります。ディフューザーとは、半透明のトレーシングペーパーやソフトボックスなど、光を拡散さるための器具です。ブツ撮りでは光を柔らかくすることで撮影がしやすくなります。

それでは「やわらかい」光を作るテクニックをご紹介します

硬い光と柔らかい光の違い

やわらかい光と硬い光の違いを見てみましょう。

左が部屋の明かり 右がiPhoneライトのみによる光

イカちゃんを部屋の電気をつけて撮った写真と、iPhoneライトのみをつけて撮った時の写真を比較してみましょう。

iPhoneライトのみによるライティングの場合は、影がくっきり出ていることがわかりますよね。iPhoneライトによる光の場合、光源は「点」ですが部屋の明かりは大きめのライトを使っていることもあって「面」によってイカちゃんを照らしています。

こうやって見比べてみるとブツ撮りにむいているのは、面によるライティングの方法が魅力的に見えますよね。

ただし点による光を使って影を意図的に作り出すことでかっこいい感じの画が撮れることも可能です。目的に合った光を使い分けてみましょう。

やわらかい光を作るテクニック

柔らかい光と作るには面によるライティングが必要です。面によるライティングの方法ご紹介します。

窓とブツの間にシーツを挿む

どの家庭にも窓があるを使います。窓自体が光源になれば面によるライティングができることになります。

直接太陽の光がブツに当たってしまうと影が濃くなってしまい、硬い光になるので窓とブツの間にはシーツを挿みましょう。

太陽の光を使う場合、部屋の明かりは消しておきましょう。ブツの色味が部屋の明かりによって変化することを避けるためです。

撮影ボックスを使う

撮影ボックスを使うことで、面によってブツを照らすことができます。

白色の壁は光を反射しやすいため、撮影ボックス内で作られた光はボックス内の壁で反射して面でブツを照らすことができます。

カメラの設定

ブツ撮りするのにどのようなカメラの設定をすればよいかについてご紹介します。

露出: -2.0 / +0.0 / +2.0

一眼レフなどのカメラを使って写真を撮る場合には露出をプラスに振るといいといわれています。試しに、イカちゃんを使って露出を-2.0/+0.0/+2.0の3パターンに変えて写真を撮ってみました。

露出の違いを分かりやすくするためにイカちゃんに対する照明は後ろから照らすように設定しています。

露出をプラスに振ったほうがイカちゃんが明るく見えていい感じに見えます。ただし、露出をプラスに振りすぎると明るい色が白飛びしてしまうので写真を撮るときの環境に合わせて白飛びしない程度の設定が必要です。

白飛びしているネコ

構図の一覧

写真を撮るときにブツを縦で撮るべきか横で撮るべきか、どのアングルから撮影するのがいいのか、悩ましいですよね。

構図の基本を知っておくだけでも被写体をバランスよく配置でき、写真にまとまりが生まれます。参考になる構図をいくつか紹介します。

日の丸構図

よく知られている日の丸構図がこれである。被写体を画面の中央に配置して主役をはっきりしていて安定感があります。

三角分割法

上段:空 中段:海 下段:砂浜

壮大な風景などを目の前にしたときに試してみたいのが三分割構図です。風景写真などで構図に困った場合などに使える構図ですが、ブツ撮りをする際の背景をうまくまとめたい場合などに試してみてはいかがでしょうか。

三角構図

被写体の奥行きやビルの高さなどを表現したいときに試してみたいのが三角構図です。下を大きく、上を小さくする遠近感を利用することでビルの高さや画の奥行きを表現することができます。また、ローアングルで撮影することで奥行きやビルの高さをよりいっそう強調することが可能です。

放射構図

ビルや木など高さのあるブツを力強く表現するときに試してみたいのが放射線構図です。普段人が見ているような目線からの画で撮ってしまうと代わり映えのしない構図になってしまう。特に、ローアングルにして見上げるように絵をまとめるとより生命力や力強さが強調される。

トンネル構図

雰囲気のある写真を撮りたいとにおススメなのがトンネル構図です。被写体をそのまま撮るのではなく、手前に窓や木の枝や扉などを配置することによってドラマチックな写真が生まれます。

トンネル構図で絵を撮る際に注意したいこととして地下鉄の出口や暗い路地から見える明るい風景を画にすると明暗差がとても強くなります。白飛びしない露出の設定が難しいため、マニュアルモードで露出を決めて撮影することが求められます。

対角線構図

乗り物など動いている被写体に躍動感を持たせたい場合に試してみたいのが対角線構図です。被写体の進行方向にスペースを作ってあげるとより躍動感が得られます。

ほかにも、人物や動物などを撮影する際にもカメラを少し傾けてみたり、進行方向にある程度のスペースを作るといつもと違った躍動感のある画が撮れます。

iPhoneで画像を加工してみる

ブツ撮りするのに一眼レフがないと狙った画が撮れないということはありません。iPhoneでもアプリを活用することで写真を撮影した後でも画像を加工し、イメージ通りに仕上げることが可能です。

試しに暗い場所で撮った写真を明るくしてみました。

今回使用したアプリはiPhoneの写真加工アプリ「PicsArt」です。

PicsArt 写真&動画エディター

エンハンスを1にする

一番最初の状態

まずは、「ツール」タブのエンハンスの項目をタップして1に設定してください。

①”ツール”タブの”エンハンス”を選択
エンハンスを”1”に設定

エンハンスは本来、被写体の輪郭をはっきりさせる目的で利用されますが、暗い画像を明るくすることにもなぜか効果があったので使ってみました。

エンハンスの設定は20程度に設定することがデフォルトで設定されていますが、20だと結構画像が暗くなってしまうので今回は1に設定します。

ツールで写真を明るくする

あとはツールの項目で明るくなるように設定をいじります。まずは、明るさから調整します。

明るさ調整で画像を明るくする

”ツール”の”修正”を選択する
”ツール”の明るさを上げる

明るさを上げてみます。あんまり上げすぎると違和感があるので上げすぎないようにしましょう。イカちゃんの画像の場合21がギリギリ違和感を感じない程度の設定でした。

”シャドー”をプラスに振って明るくする

”シャドー”のパラメータをいじることで暗くなってしまったところを明るくすることができます。これもやりすぎると違和感が出てくるので自然な範囲内でパラメータを変えてあげましょう。今回は+20に設定しました。

”ツール”の”シャドー”を上げる

彩度を上げて鮮やかに仕上げる

もともとの画像がほとんど真っ黒なので彩度を上げて本来の色を取り戻したいと思います。

”ツール”の”彩度”を上げる

彩度を変えても画像が明るくなることはありませんが、くすんで見える状態からある程度は改善されるので彩度を調整するのも有効ですね。

加工前と加工後を見比べてみる

どうでしょうか?

加工前はイカちゃんの顔がほとんど暗くて見えませんでしたが、加工することではっきりと見えるようになりましたね。
ブツ撮りではなるべく明るい状態で撮影するべきですが、理想的なライティングの環境を誰もが構築できるわけではないと思います。
iPhoneアプリでここまで明るくすることも可能なのでぜひみなさんやってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はイカちゃんのamiiboを使ってブツ撮りのテクニックについて紹介しました。

とにかく明るい環境で撮るということが大切だということが伝えられたのかなと思います。

暗い環境でもアプリの編集である程度は明るくすることも可能です。ブツ撮りに限らず夜に撮った写真を加工する際にも活用してみてください。

それでは!また!

-ライフハック

Copyright© NUBOBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.